就活、転職時に避けるべき会社論

一部上場1兆円企業から従業員2名の零細企業まで勤めたバブル世代リーマンの仕事論

就活、転職時に避けるべき会社 その3 給料の安い会社

私が就職した当時、給料のことなんて全く気にしていませんでした。また情報もありませんでした。

 

今は調べればすぐにわかります。

 

一番ビックリしたのは、業界の格差が倍以上あること。仕事内容は同じ(営業、システム)でも業界によって全く違う。へたしたら上場企業と零細企業の差よりも大きいこと。

 

中途採用の募集要項に20-30万とか幅をもたせてるところがよくあります。

受ける方はなんとなく「オレは、経験があるから上限30万近くもらえるはずだ」と思いがちですが、経営者の側からしてみると固定費は1円でも安いほうがいいので、30万円は書いてあるだけと思ったほうがいいでしょう。面接時にしっかり確認した方がいいです。でないと後で泣きを見ます。

 

我が社は雇用を守ります。と言ってる会社は、裏をかえすと、雇用を守るために給料を安くするぞ(ドヤ顔)というところが多いので注意が必要。

 

あと、本当にボーナス出るんか問題。

募集要項にボーナス支給と書いてあっても、過去 出したことがあるというだけで書いてる企業が結構多い。また入社後すぐには出ず、1年後は寸志で2年後にならないと満額出ないと言うところもある。経営者 に言わせると、「今時出ないところもあるんだから、寸志でも出るだけありがたいと思え」

 

これは入社するまでわかりません。面接時に確認したほうが良いでしょう。言葉を濁すところは確実に出ません(笑

 

面接時にお金の話ができるのか問題がありますが

よく考えてみてください。これから10年、20年、へたしたら一生そこで働くんです。フェアに教えてくれない会社でそんなことは難しいと思います。またそんな会社は他にも問題を抱えていることが多いです。

 

良い会社が見つかることを祈って

就活、転職時に避けるべき会社 その2 家族経営の会社

 

就活生のための22ヶ月手帳 2017.6~2019.3―22months

就活生のための22ヶ月手帳 2017.6~2019.3―22months

 

 

 

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

 

 

大塚家具騒動でもわかったように、船頭がたくさんいるというのが一番の問題。

 

もちろん派閥争いはどこの会社にもありますが、濃さが違う。

 

母親は長男贔屓だけど、次男のほうが優秀なんてこともあります。

そんな時はどっちに付いたらいいんだ?

 

また、就業実体のない役員に家族がなっていて報酬が支払われているなんてザラ。

つまり創業者一族のために社員は働かなければならないのです。

 

そうなるとモラルもだだ下がり。

 

先日もある家族経営の会社の三男坊(常務)に連絡をつけようとしましたが、

社員もどこにいるのかわからない状態で半笑いで答えてました。

 

創業社長、妻副社長、娘常務、娘婿専務、と言うパターンが一番危ない。

創業者と娘婿が仲違いして独立という話を何回聞いたことか。

もちろん専務派だったら会社にはいられません。

 

家族経営かどうかは会社概要などをチェックすれば判別できるので、宗教ぽい会社よりは避けやすいかもしれません。( 家族経営じゃない会社を探すほうが難しいんじゃないかと言う声もありますが)

 

侍のように滅私奉公、主君の一族に尽くすんだ!と言う方や

濃い血縁の海をうまく泳げる人にはオススメです。

 

良い会社が見つかることを祈って

就活、転職時に避けるべき会社その1-宗教っぽい会社。

 

就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ!  2019年度

就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ! 2019年度

 

 

その1
宗教っぽい会社。

本当に宗教関係の会社は面接時に
○○教に入ってもらいますが大丈夫ですか?
と聞かれるのでわかりやすいですが、
問題なのは宗教っぽい会社。

有名なのは京セラのフィロソフィ―
京セラだけでやってるならいいのですが
稲盛塾(盛和塾)というのを作って
悩める経営者を集め布教活動をしています。
その数なんと1万社以上
京セラや日航なんかは
フィロソフィ―やってますとHPに書いてあるので
わかりやすいですが
その他の中小企業では書いてないところがほとんどで注意が必要です。


フィロソフィ―の内容は
人生=仕事
一生懸命働いて会社を大きくすることこそ人生の成功である
という経営者にとって都合の良い教え

また
活力朝礼で有名な倫理研究所
というのもあります。
職場の教養という
これまた経営者に都合の良い社員となるための
教えが書かれた短い文章を毎朝読まされます。

ちょっと前に炎上したてっぺんとか

松下幸之助さんのPHPなどもありますね。

逆に言うと
人生=仕事
会社を大きくすることがことが人生の成功である
と言う方は
この手の宗教っぽい会社を選ぶのがベストかもしれません。

 

こんな会社に入りたくないって方は

面接時に気をつけましょう。

やたら「心」とか

「利他愛」とか

「命をかけて」とかでてきたら

あぶないです。

 

また、壁や棚などにも注意を向けましょう

稲盛塾の表彰状やポスター

倫理研究所の日めくりカレンダー(一日一善的なことが書いてある)

が飾ってあったらアウトです。

 

良い会社が見つかることを祈って

新卒が辞めた。

姿を見ないなと思っていた新卒社員が、退社の挨拶に来ました。その社員が去ったあと、フロアのメンバー誰ひとりとしてそのことには触れませんでした。ずるずる伸ばさずにさっさと辞めたのは賢明だったかもしれません。心を病む前に。

 

こういったミスマッチをなくすために、私なりの仕事論を書いていきたいと思います。