就活、転職時に避けるべき会社論

一部上場1兆円企業から従業員2名の零細企業まで勤めたバブル世代リーマンの仕事論

新就活生へのアドバイス1上場企業を目指せ

3月からの解禁でこのブログも訪問者が増えていますので新就活生へのアドバイスをしていきたいと思います。

この国では基本、新卒が一番価値が高いです。
なのでまず

1、上場企業を目指しましょう

特別なスキルが無い限り
中途で上場企業に入るのは難しいです。
私も上場企業に転職した時は「コネがあった?」と聞かれました(笑)

しかし上場企業だと言って安心してはいけません

赤字続きなどでで継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在する会社も多々あります。

入社して早々リストラが行われ、上司が辞めてしまうなんてことになりかねません。

優秀な人ほど先に辞めていますし、モラルも下がっています。

また疑義注記がついてなくても低位株と言われる、株価の低い会社は要注意です。

会社四季報で調べましょう。

 

就活、転職時に避けるべき会社 その4 自主的に就業時間外に掃除させる会社

プリズン(監獄)会社の朝は早い。始業開始前に出社して自主的に掃除しなければならない。
自主的に掃除しているはずだが、掃除に遅れる場合は電話連絡しなければならないし掃除場所も決まっている。そしていい加減にやっていると看守(幹部社員)に怒られる。

某黄色い帽子の会社も早朝から自主的に掃除をしているそうだ。
掃除に出る出ないは査定には響かないらしいが
会長が筆頭でやっている掃除に出ない社員が
どういう扱いを受けるかは想像に難くない。

当プリズン会社でも掃除をしない社員はいない。
掃除中は皆私語は一切なく黙々と掃除している。(しゃべってるとまた怒られるし)

さて今まで働いていた会社の掃除はどうなっていたかというと

上場企業
掃除業者に委託
そりゃそうだ時給の高い社員を掃除させるわけない。

中小企業
就業時間内に皆で掃除
おそらくこれが一般的だろう。

プリズン会社
就業時間外に自主的に掃除させる

面接時にこれがわかるのか?
掃除とかどうしてますと軽く聞くのがいいかもしれない。(あるいは早朝に行ってみる。)

相手が経営サイドだと喜んで
社員が自主的に掃除してますというかもしれない(笑

朝から社員全員で会社の前を掃除していると
地域の人から「いい会社ですね」と褒められることがあるらしく
社長が自慢気に朝礼などで話をすることがあるが、

「それならきっちり給料払ってくれ!」
と思う。


20分

就活、転職時に避けるべき会社 その4 管理部門の偉そうな会社

これは正直、面接時に見分けるのは難しいと思いますが、総務とか、人事の長がおばはんの場合は危ないです(笑

本来は社員のサポートが仕事のはずが、逆に私たちが会社を動かしてるという意識。そうなると他の部署の人間は、「偉そうにしやがって」と管理部門の悪口ばかり言うようになります。

雰囲気最悪ですね。

見分ける方法としてもう一つ、人事の人間が社内を案内してくれることがあると思いますが、その際の社員の様子をよく観察しましょう。
案内する人を恐れていたり、嫌っていたり。この会社に入ってはいけません。と目で教えてくれる親切な方もいます。

また直感でこの会社はなんかヤバイと気付く事がありますが、仕事にありつくために、いやいや気のせいだと自分をごまかし、後で悔やむこともありますので

直感は大事にしましょう。

カイシャを止めるな

「個人で仕事をしていて休んだら、

それで終わり。収入ゼロ

休み続けたら、会社はつぶれる。

でも君らが休んでも

会社はつぶれない。

それは他の人が、代わりにやってくれるから。

だから休んでいるときは

申し訳ないという気持ちが必要で

休んで当たり前という考えではだめだ。」

 

と急に社長が言い出した。

(どこかでスイッチが入ったのか?)

そんなこと言われたら休めない。

熱があるのに無理に来て

やっぱりしんどくなって

早退した社員が病院に行ったら

インフルだった(笑

ウイルスばらまいてるやん

 

その社長も別の口では

これからは女性も結婚、出産しても

働きやすい会社にすると言ってる(笑

無理無理

子供なんてすぐ熱出すのに

こんな気つかわなあかん会社で

子育てなんてできるかい!

 

しかもこの社長

ついこないだ

自分は風邪で休んでたのを

忘れているという。。。

 

15分

 

 

1年で社員の1割が辞める会社とは-1

昨年新卒が辞めたことを受けて始めたブログ

その後どうなったかと言うと

さらに人が辞めましたヾ(*´∀`*)ノ

新卒がさらに1名

ベテランが1名

中堅が2名

1年で社員の1割が辞めた計算

それを聞くと

どんなブラック企業やねんと思われそうですが

だいたい7時には帰れますし、残業手当もつきますし

有給休暇もとれます。

給料は安いですが、激安まではいきません。

それなのになぜ辞めるのか。

 

 

 

 

 

就活、転職時に避けるべき会社 その3 給料の安い会社

私が就職した当時、給料のことなんて全く気にしていませんでした。また情報もありませんでした。

 

今は調べればすぐにわかります。

 

一番ビックリしたのは、業界の格差が倍以上あること。仕事内容は同じ(営業、システム)でも業界によって全く違う。へたしたら上場企業と零細企業の差よりも大きいこと。

 

中途採用の募集要項に20-30万とか幅をもたせてるところがよくあります。

受ける方はなんとなく「オレは、経験があるから上限30万近くもらえるはずだ」と思いがちですが、経営者の側からしてみると固定費は1円でも安いほうがいいので、30万円は書いてあるだけと思ったほうがいいでしょう。面接時にしっかり確認した方がいいです。でないと後で泣きを見ます。

 

我が社は雇用を守ります。と言ってる会社は、裏をかえすと、雇用を守るために給料を安くするぞ(ドヤ顔)というところが多いので注意が必要。

 

あと、本当にボーナス出るんか問題。

募集要項にボーナス支給と書いてあっても、過去 出したことがあるというだけで書いてる企業が結構多い。また入社後すぐには出ず、1年後は寸志で2年後にならないと満額出ないと言うところもある。経営者 に言わせると、「今時出ないところもあるんだから、寸志でも出るだけありがたいと思え」

 

これは入社するまでわかりません。面接時に確認したほうが良いでしょう。言葉を濁すところは確実に出ません(笑

 

面接時にお金の話ができるのか問題がありますが

よく考えてみてください。これから10年、20年、へたしたら一生そこで働くんです。フェアに教えてくれない会社でそんなことは難しいと思います。またそんな会社は他にも問題を抱えていることが多いです。

 

良い会社が見つかることを祈って

就活、転職時に避けるべき会社 その2 家族経営の会社

 

就活生のための22ヶ月手帳 2017.6~2019.3―22months

就活生のための22ヶ月手帳 2017.6~2019.3―22months

 

 

 

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

 

 

大塚家具騒動でもわかったように、船頭がたくさんいるというのが一番の問題。

 

もちろん派閥争いはどこの会社にもありますが、濃さが違う。

 

母親は長男贔屓だけど、次男のほうが優秀なんてこともあります。

そんな時はどっちに付いたらいいんだ?

 

また、就業実体のない役員に家族がなっていて報酬が支払われているなんてザラ。

つまり創業者一族のために社員は働かなければならないのです。

 

そうなるとモラルもだだ下がり。

 

先日もある家族経営の会社の三男坊(常務)に連絡をつけようとしましたが、

社員もどこにいるのかわからない状態で半笑いで答えてました。

 

創業社長、妻副社長、娘常務、娘婿専務、と言うパターンが一番危ない。

創業者と娘婿が仲違いして独立という話を何回聞いたことか。

もちろん専務派だったら会社にはいられません。

 

家族経営かどうかは会社概要などをチェックすれば判別できるので、宗教ぽい会社よりは避けやすいかもしれません。( 家族経営じゃない会社を探すほうが難しいんじゃないかと言う声もありますが)

 

侍のように滅私奉公、主君の一族に尽くすんだ!と言う方や

濃い血縁の海をうまく泳げる人にはオススメです。

 

良い会社が見つかることを祈って